広島で大人気のロールケーキ、ボストン本店の「土橋ロール」
▲広島で大人気のロールケーキ、ボストン本店の「土橋ロール」

 山陽地方の中南部に位置し、中国・四国地方で最大の人口を誇る都市、広島。その近代的なまちなみには路面電車(広島電鉄)の路線が縦横無尽にのび、広島の躍動感を感じさせます。広島駅から広島市電で宮島方面にいく途中に「土橋」という電停があるのですが、その電停すぐ前に、広島でロールケーキがおいしいと評判の老舗洋菓子店があると耳にしました。その洋菓子店の名は「ボストン」(本店)です。

 先日、広島市中区堺町にある「ボストン」(本店)に足を運んできました。広島駅から広島市電(2号線 )宮島口行の路面電車に20分ほど揺られ、「土橋」電停を下車すると、すぐ前に、異国情緒を感じさせる外観の洋菓子店「ボストン」が立っているのが分かりました。木の扉をあけると、店員さんが笑顔で出迎えてくれました。

洋菓子店「ボストン」は大正12年創業。広島初の菓子工房としてオープン
洋菓子店「ボストン」は大正12年創業。広島

 広島の洋菓子店「ボストン」の歴史は古く、その歴史は大正12年にはじまりました。明治時代にアメリカで修行をした創業者の百三郎氏が、大正12年に広島初の菓子工房としてオープン。洋菓子の存在が人々にほとんど認知されておらず、バターやミルクが手に入りにくかった時代、当時の広島で洋菓子店をスタートするというというのはさぞかし勇気がいり苦労も多かったことでしょう。

 以降、「素朴で暖かみのある“古き良きアメリカングランマの味”」をテーマに洋菓子店「ボストン」は追求しつづけ、いつしか広島の人々にこよなく愛さされる洋菓子店となりました。創業から85年以上の年月が流れ現在に至ります。

広島の洋菓子店「ボストン」にはロールケーキはじめおいしそうな洋菓子がずらり
▲広島の洋菓子店「ボストン」にはロールケーキはじめおいしそうな洋菓子がずらり

 広島の人気洋菓子店「ボストン」(本店)のショーケースには、ロールケーキをはじめショートケーキ、パイ、ゼリー、焼き菓子ほか、さまざまな洋菓子がきれいに並んでいました。なかでも大人気の商品といえば、「土橋ロール」。洋菓子店「ボストン」(本店)では一本単位でも販売しているほか、一口サイズの土橋ロールも販売していました。「土橋ロール」(はちみつ)と土橋ロール(抹茶)の1カットをひとつずつ購入してみました。 

 広島市内の宿に戻り、早速、パッケージを開けて洋菓子店(ボストン)で購入したロールケーキ「土橋ロール」を賞味してみました。まずは土橋ロール(抹茶)から。

 土橋ロール(抹茶)の生地はふわふわした感じでボリュームがありました。土橋ロール(抹茶)を口に入れてみると、そのふわふわの生地からは濃厚な抹茶の香りが漂ってきました。濃い緑色をした生地にはたっぷりと抹茶が練り込んであるようです。そして、生地のなかは濃厚な抹茶クリームが巻き込まれていました。抹茶クリームの甘さは控えめで、抹茶本来の風味とほろ苦さをを味わえるクリームだと感じました。土橋ロール(抹茶)は生地とクリームの両方から抹茶の味わいをこよなく楽しむことができました。
抹茶の香りを味わえるボストンのロールケーキ「土橋ロール」(抹茶)
▲抹茶の香りを味わえるボストンのロールケーキ「土橋ロール」(抹茶)

・土橋ロール(抹茶)楽天市場 (1本)
>>広島の洋菓子店ボストンのロールケーキ『土橋ロール・抹茶』

 つづいて、もう一方の「土橋ロール」(はちみつ)も賞味してみました。「土橋ロール」(抹茶)と似たような趣向のロールケーキかと思いきや、土橋ロール(はちみつ)は生地もクリームも全く趣向が違っていました。生地はもちもちとしていてきめ細やか。しっとりとした食感でした。練りこんであるはちみつが上質の甘さを奏で、口のなかにやさしく広がります。土橋ロール(はちみつ)の中に入っているクリームは高原の牛乳のようなコクがあるまろやかな味わいでした。クリームと生地の相性もよく、ティータイムにもぴったりのロールケーキだと感じました。
はちみつ入りの生地とあっさりコクのあるクリームのコラボがよいボストンのロールケーキ「土橋ロール」(はちみつ)
▲はちみつ入りの生地とあっさりコクのあるクリームのコラボがよいボストンのロールケーキ「土橋ロール」(はちみつ)

・土橋ロール(はちみつ)楽天市場 (1本)
>>広島の洋菓子店ボストンのロールケーキ『土橋ロール・はちみつ』

 広島で大人気の洋菓子店(ボストン)がつくるロールケーキ「土橋ロール」は、一見すると素朴なロールケーキですが、洗練されこだわり抜いた創意工夫が感じられるロールケーキだと思いました。そこには、85年以上の歴史を重ね磨きあげられてきた技術、そして洋菓子づくりへの魂が込められていると感じました。
IMG_0845.JPG
▲「ボストン本店」は広島電鉄の路面電車「土橋」電停のすぐ前

ボストン 本店
(メニュー)
土橋ロール(はちみつホール)840円、土橋ロール(抹茶ホール)840円、土橋ロール(ビターチョコホール)840円、ボストンパイホール2100円、ストレートパイ1365円ほか 土橋ロール(ワンカット)137円ほか

(通販)楽天市場で購入できる洋菓子店「ボストン」の「土橋ロール」
・土橋ロール(抹茶)16cm (1本)
広島の洋菓子店ボストンのロールケーキ【送料込】ロールケーキ『土橋ロール・抹茶』・16cm【ボ...
・土橋ロール(はちみつ)16cm (1本)
広島の洋菓子店ボストンのロールケーキ【送料込】ロールケーキ『土橋ロール・はちみつ』・16cm...
・土橋ロール(ビターチョコ)16cm (1本)
広島の洋菓子店ボストンのロールケーキ【送料込】ロールケーキ『土橋ロール・ビターチョコ』・1...

(営業時間)10:00〜20:00
(住所)広島県広島市中区堺町2-6-3
(TEL)082-292-9665
(休み)不定休
(URL)http://apple-boston.com
(交通)広島電鉄「土橋」電停前(「土橋」電停は広島駅から広島市電2号線 広電宮島口行で22分)
(宿泊)広島の観光に便利な、広島市内のホテル一覧(楽天トラベル)
(駐車場)提携駐車場あり(1,050円以上の購入で30分サービス

大きな地図で見る
▲ボストン本店の場所(広島電鉄 土橋電停前)

全国にはさまざまな種類のロールケーキがあります。抹茶ロールケーキ、米粉ロールケーキ、さくらんぼロールケーキ、黒豆ロールケーキ・・そこには、地域の特色と愛がにじみ出ています

スポンサーリンク

全国のロールケーキとの出会いは、地域の食文化や風土の彩りの再発見にもつながるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

ロールケーキは、スポンジのなかにクリームを巻いた、シンプルなスタイルの洋菓子。それだけに奥が深いとも言えます。ロールケーキ職人たちはお客に至福のひとときを提供しようと試行錯誤を重ね、その思いや技術を一本のロールケーキに詰め込めます。新鮮果実を使ったロールケーキ、カロリー控えめのロールケーキ、洋酒やキャラメルで高級感を演出したロールケーキなどなど、そこには感動をつくりあげる物語があります。
スポンサードリンク

ロールケーキは素材や食感のコラボレートで予想もしない美味しさが生まれることも