岡山県 湯原温泉の温泉宿「八景」の人気ロールケーキ「八景ロール」(八景ロールケーキ(サツマイモロール)
▲岡山県 湯原温泉の温泉宿「八景」の人気ロールケーキ「八景ロール」(八景ロールケーキ)(サツマイモロール)

 蒜山高原の南、豊かな緑が広がる岡山県の北部に「湯原温泉」という温泉地があります。湯原温泉の湯量は豊富で、15箇所の源泉からは合わせて毎分6000リットル以上が自噴。その自然景観や情緒ある温泉街も人気で、湯治客たちで日々賑わっています。
湯けむりがただよう湯原温泉の最奥に立つ温泉宿「八景」
▲湯けむりがただよう湯原温泉(岡山県真庭市)の最奥に立つ温泉宿「八景」

湯原温泉の最奥には、露天風呂番付で西の横綱と評された、露天風呂「砂湯」があります。「砂湯」は清流旭川の川床から湧き出る河原の露天風呂で、自然の岩を生かした浴場が開放的な雰囲気をつくりだしています。

▼岡山県 湯原温泉「八景」のロビー。木のぬくもりを感じさせる空間
岡山県 湯原温泉「八景」のロビー。木のぬくもりを感じさせる空間砂湯」の対岸には3階建の温泉宿「八景」が立っています。温泉宿「八景」は、大型旅館でありがなら、アットホームな雰囲気で人気の温泉宿。

旭川にかかるつり橋を渡って温泉宿「八景」の館内へ入ると、広々としたロビーが広がります。木をふんだんに使ったフローリング仕様。調度品やインテリアにもこだわりを感じさせ温もりが伝わってきます。大きく切り取られたガラス窓からは、豊かな緑や川の景色が広がりホッと心癒されます。

そんな湯原温泉の温泉宿「八景」では、地元の食材を生かした、オリジナルスイーツも大人気。そのひとつがロールケーキ「八景ロール(八景ロールケーキ」(1本700円)です。

先日、その「八景ロール(八景ロールケーキ」(焼き芋ロール)を賞味する機会が訪れました。箱をあけると、こんがりとキツネ色をしたロールケーキ「八景ロール」(焼き芋ロール)が顔をだしました。細長い独特の形状のロールケーキです。ほんのり甘い香りが漂ってきて美味しそう。早速いただくことにしました。
箱に入ったロールケーキ「八景ロール(八景ロールケーキ」。細長い形のロールケーキ
▲コンパクトな箱に入ったロールケーキ「八景ロール(八景ロールケーキ」。お土産にもぴったり

「八景ロール」は切り分けると、断面は小ぶりで女性や子供でも食べやすいサイズだと感じました。
細長い形が特徴的なロールケーキ「八景ロール」
▲「八景ロール(八景ロールケーキ」は細長い形が特徴的なロールケーキ。女性や子供でも食べやすい

「八景ロール(八景ロールケーキ」の生地は、ふわふわで卵の香りがする カステラ風の生地。「八景ロール」には、岡山県真庭市の卵や、大山牛乳といった地元にこだわった素材が使われているそうです。それは新鮮さにとことんこだわっているから。ふくよかな味わいが口のなかに広がります。
foodpic4065968.jpg
▲「八景ロール(八景ロールケーキ」には、大山牛乳はじめ、新鮮な地元の食材がふんだんにつかわれている。

「八景ロール」(焼き芋ロール)の生地のなかには、生クリームと、サツマイモのペーストがたっぷり巻き込まれていました。
「八景ロール(八景ロールケーキ」は毎朝9時より湯原温泉「八景」1F売店「タカラ堂」にて販売(1本700円)
▲「八景ロール(八景ロールケーキ」の生地のなかには、生クリームとサツマイモペーストがたっぷり

生クリームは、甘さ控えめでコクがありました。そして、中央部に入っているサツマイモのペーストはとろけるような甘さ。それらが合わさり、なんともいえない上品な甘さをつくりだしていました。生地との相性もよく、ティータイムにぴったりのロールケーキだと感じました。
生クリームとサツマイモペーストが、ふわふわの生地とよく合う
▲「八景ロール(八景ロールケーキ」は毎朝9時より湯原温泉「八景」1F売店「タカラ堂」にて販売(1本700円)

なお、湯原温泉の宿「八景」には宿泊したこともあるのですが、心身ともにくつろぐことができました。温泉もよく、館内には、川のせせらぎが聞こえる大浴場「川の湯」や、満天の星が仰げる最上階の露天風呂「空の湯」などがあります。渓谷や天空を眺めながらやわらかい湯に浸かっていると、ほのぼのとした温かい気持ちになることができました。
IMG_6907.JPGIMG_6676.JPG

▲山々のうつくしい緑が映える屋上露天風呂「空の湯」/客室(和室)

また、温泉宿「八景」は料理がまた絶品。旬の山の幸を活かした「山里料理」がメインで、地元で採れた山菜や野菜、旭川でとれた川魚、地鶏や地酒などが膳をにぎわせます。朝夕で50種以上の野菜を使った会席は、旬の食材満載で、滋養もたっぷりです。
滋養たっぷり!温泉宿「八景」自慢の「山里料理」
▲滋養たっぷり!湯原温泉の温泉宿「八景」自慢の「山里料理」

 ロールケーキ「八景ロール(八景ロールケーキ」は毎朝9時より1階にて販売。大人気の商品ですぐに売り切れてしまう日もあるそうです。湯原温泉の温泉宿「八景」で一泊して、翌朝にロールケーキ「八景ロール(八景ロールケーキ」をお土産に買って帰るといった感じの過ごし方がベストだと思います。

>>湯原温泉の温泉宿「八景」の宿泊予約(楽天トラベル)はこちら

湯原温泉八景 DATA
(住所) 岡山県真庭市豊栄1572

(湯原温泉への交通)
(電車+バス)JR姫新線中国勝山駅よりバス真庭市コミュニティバス「まにわくん」37系統(蒜山・久世ルート)
で約35分
(高速バス)JR岡山駅よりバス(中鉄バス)で約2時間30分
(車)米子自動車道湯原ICより車で約10分(約3km) 

(宿泊)「八景」の宿泊予約(楽天トラベル)
部屋数:全32室(和室、露天風呂付客室、スイートほか)
(TEL) 0867-62-2211(9時〜21時)
(八景HP) http://www.hakkei-yubara.jp/
※不定期で休館日もあり。事前にHPで要確認

(日帰り入浴)可:大人1,000円、小人500円(ハンドタオル付)
(※バスタオルは要持参/日帰り入浴は毎週木曜日は休み/利用時間:11〜14時)

「八景ロール(八景ロールケーキの情報」
・「八景ロール(八景ロールケーキ」は1F売店「タカラ堂」にて毎朝9時より販売(1本700円)
(※売り切れ次第終了/季節により中に入る素材は変更あり)

(地図)湯原温泉(岡山県真庭市)の温泉宿「八景」の場所:「砂湯」の真向かい

大きな地図で見る

全国にはさまざまな種類のロールケーキがあります。抹茶ロールケーキ、米粉ロールケーキ、さくらんぼロールケーキ、黒豆ロールケーキ・・そこには、地域の特色と愛がにじみ出ています

スポンサーリンク

全国のロールケーキとの出会いは、地域の食文化や風土の彩りの再発見にもつながるような気がします。

井上晴雄 絵画作品集〜心を癒す日本の旅風景〜

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

ロールケーキは、スポンジのなかにクリームを巻いた、シンプルなスタイルの洋菓子。それだけに奥が深いとも言えます。ロールケーキ職人たちはお客に至福のひとときを提供しようと試行錯誤を重ね、その思いや技術を一本のロールケーキに詰め込めます。新鮮果実を使ったロールケーキ、カロリー控えめのロールケーキ、洋酒やキャラメルで高級感を演出したロールケーキなどなど、そこには感動をつくりあげる物語があります。
スポンサードリンク

ロールケーキは素材や食感のコラボレートで予想もしない美味しさが生まれることも