北近畿を走るローカル線「京都丹後鉄道」。東の起点である西舞鶴駅(京都府舞鶴市)から20分ほど列車に揺られると、全長552mの由良川鉄橋を渡って丹後由良駅という駅に到着します。京都丹後鉄道の丹後由良駅の近くには温泉が湧き、夏は海水浴客でにぎわう丹後由良海水浴場が広がります。
IMG_7303.JPG
△由良川鉄橋を渡る、京都丹後鉄道(丹鉄)の普通列車

そんな丹後由良駅から7分ほど歩くと、日本酒「白嶺」「酒呑童子」などで知られる蔵元「白嶺酒造」が立っています。「白嶺酒造」は天保3年(1832年)創業の老舗で、歴史の風格を感じさせてくれるスポット。

白嶺酒造は2010年、酒造りの副産物をつかったスウィーツもお客に提供したいという思いから、蔵元に併設する形で、蔵sweets「HAKUREISYA白嶺舎」をオープンさせました。
IMG_7390.JPG
△明治時代築の建物を活用した蔵sweets「HAKUREISYA白嶺舎」の外観

蔵sweets「HAKUREISYA白嶺舎」は明治時代に立てられた精米所を改装したレトロな外観。看板には酒造りで用いられる白い和釜が使用されています。

蔵sweets「HAKUREISYA白嶺舎」の店内に入ると、木の温もりがする清潔感漂う空間が広がっていました。4人掛けテーブルが3つほど並んでおり、各種スウィーツをイートインでも賞味できるようになっています。
IMG_7384.JPG
△蔵sweets「HAKUREISYA白嶺舎」のイートインコーナー

sweets「HAKUREISYA白嶺舎」では酒シロップや酒粕など酒にかかわるさまざまなスウィーツメニューが揃っています。その中でも人気があるという「白嶺ロール」(カット 税込259円)を注文してみました。
IMG_7350.JPG
△sweets「HAKUREISYA白嶺舎では酒造りに関連した酒スウィーツがいろいろ

» 

ロールケーキには地域の夢が詰まっています。

スポンサーリンク

ロールケーキはその素材や製法から垣間見られるその土地ならでは文化や歴史、特産物なども味わい深いものがあると感じます。

井上晴雄 絵画作品集

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

スポンサーリンク
ロールケーキは素材や食感のコラボレートで予想もしない美味しさが生まれることも