JR岡山駅のコンコースで何か岡山らしい特徴的な銘菓はないかな?と思いながら歩いていると、なんだこれは?と目が止まったロールケーキがありました。それは「おかやまロール」というロールケーキ。製造元は岡山市内にある清風庵で、2008年に催された姫路博で農林水産大臣賞を受賞しているロールケーキです。
IMG_1218.JPG
△岡山の特産物を持ち込んだ清風庵の「おかやまロール」

ロールケーキといえば、クリームがスポンジに巻かれているシンプルな洋菓子だというイメージがあると思います。しかし、この清風庵のロールケーキ「おかやまロール」は、なんと岡山の名産品をいろいろ味わえるロールケーキだというのです。

入っている素材を見ると、岡山県の名産品として、ジャージー牛乳、白桃ジャム、作州黒そしてわらび餅までもがはいっているのだとか。

これだけさまざまな岡山の名産品が盛り込まれているロールケーキ「おかやまロール」といはは一体どんな味のロールケーキなんだ?と思い、カットタイプ(一個329円税込)を購入してみました。
IMG_1230.JPG
△カットタイプの「おかやまロール」

清風庵のロールケーキ「おかやまロール」の生地はふわふわ。このスポンジ生地には、岡山県北特産のジャージー牛乳がつかわれているようです。口のなかに入れると、ミルクをつかった生地ならではのやさしい甘みがふわっと広がりました。

淡いオレンジ色の部分は桃のブレザーブジャムがたっぷり。桃の生産高日本一の岡山県の桃のなかでも、芳醇で上質の甘さを秘めた清水白桃が使われているようです。甘みが強い桃のブレザージャムで、当ロールケーキのなかのアクセントになっていました。IMG_1255.JPG
△吉備団子、黒大豆ほか岡山の味覚で彩られた「おかやまロール」

黒い部分は、岡山県作州産丹波種黒大豆。粒が大きい黒豆で、ほどよいと甘みと香りがあり、こりこりっといった食感も味わうことができました。 

そして、ロールケーキのほぼ中央部に、バタークリームの間にはさまれているのは吉備団子。吉備団子がごろりと1個そのままの形で入っていました。今までさまざまなロールケーキを食べてきましたが、吉備団子が入っているロールケーキはさすがに初めてです。
IMG_1265.JPG
△中央部には、吉備団子がごろりと入っている

吉備団子は、言わずと知れた岡山県の代表的な銘菓。ほんのりした甘さとやわらかい食感の団子であるだけにロールケーキに合うのかな?少々不安に感じたものの、意外とスポンジの味わいとの相性は良かったです。

吉備団子はじめ、岡山の素材が盛りたくさんのロールケーキ「きびだんごロール」。全体として、岡山の旅情を感じるやさしい味わいに仕上がっているロールケーキだと思いました。岡山の旅行を終えて、土産物として持って帰るのも良さそうです。

おかやまロール DATA

製造販売元:清風庵
値段 カットタイプ329円(税込)
   1本1625円(税込)
販売場所 JR岡山駅構内、岡山空港ほか

ロールケーキには地域の夢が詰まっています。

スポンサーリンク

ロールケーキはその素材や製法から垣間見られるその土地ならでは文化や歴史、特産物なども味わい深いものがあると感じます。

井上晴雄 絵画作品集

(PR)楽天1位の最先端の光目覚まし時計とは

スポンサーリンク
ロールケーキは素材や食感のコラボレートで予想もしない美味しさが生まれることも